>アーカイブ>PR力の高い動画を制作しよう【企業や商品の宣伝にも最適】

PR力の高い動画を制作しよう【企業や商品の宣伝にも最適】

カチンコ

様々なシーンで役立つ動画広告

広告には様々な種類がありますが、中でも動画の広告は、様々なところで活用されます。スマホアプリの合間や、動画サイトの冒頭などにも使用でき、人の目に触れる機会を多く出来ます。

男女

動画広告の効果

動画広告は、音楽やキャッチフレーズなどを使用出来るため、人々の頭に残りやすいという効果があります。
またオリジナルキャラクターやアニメーションを作れば、さらに話題を広げることが出来ます。

映像

依頼する前に専門サイトを確認してイメージを固めよう

動画の広告は、専門サイトにて簡単に制作を依頼することが出来ます。
まずは依頼する候補の業者をピックアップし、ホームページなどで、動画のサンプルを確認してみましょう。

カメラ

依頼時に必要な物

依頼時に必要なものは、なるべく詳細に書いた計画書のようなものです。ターゲット層や動画の流れの希望、長さなど細かく社内で検討をしておきましょう。業者としても、出来るだけ細かく希望がある方が、制作がスムーズに進むからです。

動画広告とチラシ広告の違い

動画広告の良さ

音楽やアニメーションを多用することで、より人々への印象を強めることが出来ます。

チラシ広告の良さ

紙媒体なので、すぐに確認することができ、いつまでも人々の手元に残ります。

依頼するなら流れも知っておこう

制作依頼から納品まで、どの程度時間がかかるかも知っておきましょう。

動画制作の依頼から完成までの流れ

フィルム

依頼をする

まずは依頼する業者を決めて、制作してほしい旨を伝えましょう。

計画書提出とヒアリング

社内での計画書を提出し、同時にヒアリングを行い細かな事項を決定していきます。

撮影計画を立てる

ヒアリングのもと、使用音楽やタレント起用などの計画を立て、準備を行います。

実際に撮影、編集を行う

実際に撮影を行い、編集作業も同時に行っていきます。

チェック後に納品

すべて編集が終わったら、チェックを行い、問題なければ納品となります。

依頼後に気になることがあると作業スピードに影響が!

依頼後、修正個所や疑問点が多く出てくると、その都度打ち合わせをしなくてはなりませんので、納品遅れにつながります。ある程度解決してから、制作を依頼しましょう。

よくある質問コーナー

タブレット

納品までどの程度期間が要りますか?

内容にもよりますが、3週間から1か月程度見ておくと良いでしょう。

自社で用意した写真や動画を使うことは出来ますか?

可能ですが、解像度が低い場合などは、新たな編集作業が必要になる場合があります。

納品後に修正は出来ますか?

基本的に可能ですが、別途料金がかかることもあります。

依頼後にキャンセルは出来ますか?

見積もり依頼は無料な場合がほとんどですので、キャンセルも可能です。

料金の相場はどれくらいですか?

内容によって大きく変動します。ヒアリング、計画書に沿って提案します。

広告募集中